「中澤裕子スキンケア」タグアーカイブ

中澤裕子 化粧品 フィトリフト が 後藤真希 や 小原正子 も 愛用する理由とは??

私は色が白く、焼けると真っ赤になってしまうため、日焼け止めは一年中欠かせません。

夏場は常に携帯し、汗をかくたびに塗り直しをしています。

また、夏場の紫外線はとても強力なので、ベースの日焼け止めクリームにプラスして、仕上げに日焼け止めスプレーを使うなど、2〜3種類の日焼け止めを使用しています。

服を着ていても、シャツの上から紫外線を受けるので、行楽行事などで長時間外で日光に当たらないといけない日などは、服に直接スプレーできる日焼け止めなども合わせて使用しています。

夏場だけではなく、曇りの日でも真冬でも紫外線は一年中出ていると聞いたので、季節によって種類を変えて使用しています。

夏場や梅雨時はベタつきの少ないパウダータイプやスプレータイプのものを使い、冬場など乾燥が気になる季節は、クリームやオイルタイプの保湿力の高い日焼け止めを使うようにしています。

肌に合う合わないもあるので、試供品や少量サイズのものがあれば、まずそちらで試してから購入するようにしています。

もともと皮膚が強くない方なので、全身用の日焼け止めクリームではなく、顔用の日焼け止めクリームを全身に塗っています。

全身用より顔用の方が低刺激な商品が多いからです。

日焼け止めを選ぶ上でこだわる点は、必ずクレンジング不要の日焼け止めを選ぶことです。

クレンジングが必要な日焼け止めは、効果も絶大でいい点もあるのですが、皮膚にはあまり優しくないため、毎日使うと肌が荒れてしまいます。

そのため、少し割高にはなりますが、洗顔や石鹸のみで落ちるオーガニックタイプの日焼け止めを使うよう心がけています。

皮膚の調子が悪い時は、ベビー用の日焼け止めクリームなども使っています。
ベビー用は低刺激なので、クレンジングも不要ですし、肌を少し休息させるにはぴったりだと思います。
ドラッグストアなどで簡単に購入できます。

苦手な日焼け止めの種類は、においの強いものや、伸びの悪いものや、白浮きしてくるタイプのものです。
それらは極力選ばないようにしています。

今は皮膚のくすみをカバーできる、肌色の日焼け止めクリームがお気に入りで、毎日愛用しています。

1980円 オールインワンゲルの詳細はこちら

特に人に会う予定がない日でも、ベランダに洗濯物を干しにいったりするので、化粧はしなくても、日焼け止めクリームだけは必ず塗るようにしています。

日焼け止めは色々なメーカーから出ており種類が膨大なので、季節や自分の肌に合った商品を選ぶことが一番大切だと思います。